ビーフセンター工場

ビーフセンター工場

安全でおいしい肉をお客様に提供するための工場を紹介いたします。肉の加工には厳しいHACCP基準の実施が必要不可欠で横浜野本のビーフセンター工場はその実施をかたくなに守ってきました。

搬入から加工商品の搬出まで品質管理と衛生管理を徹底して行っています。

枝肉専用トラック

枝肉専用トラック

食肉市場で仕入れた肉を運搬する専用のトラックを使用しています。枝肉(加工する前の一頭分の肉)を床に触れさせることなくトラック天井から吊り下げたまま搬入・運搬・搬出ができるようになっています。

  • 荷受けブース

    荷受けブース

  • トラック荷台内

    トラック荷台内

  • レールを使って搬入

    レールを使って搬入

ビーフセンター工場の風景

生産の流れ

荷受けブース 枝肉入荷、商品出荷に際して、懸垂車両での搬入を可能としており、外気の流入を極力抑え、非常に衛生的な荷受けが出来ます。
枝肉冷蔵庫 庫内は0℃で一定保管され、一定タイマーで消毒を行います。
脱骨・整形室 カットコンベア 脱骨工程と整形工程を中間受台で区分する分離型生産とし、袋に入れるところまでコンベアで移動します。
真空包装機 真空包装を行います。
金属検出器 コンベアで金属探知機を通ります。
紫外線殺菌装置 紫外線殺菌装置で殺菌されます。
シュリンカーチラー シュリンカー(80℃) チラー(2℃)で処理されます。
梱包室 計量は、人力で枝番号、左右、産地、格付け、得意先、風袋を確認します。計量した商品は、組立作業室で組み立てられたダンボールに入れられ、梱包機でしっかり縛ります。
メルマガ配信中!お得なセール情報をメールでお届け!お買い得情報をお見逃しなく! 携帯サイトにアクセス!お得なセール情報をメールでも配信中!
  • 採用情報
  • お問い合わせ